クレジットカード現金化の仕組みを理解しておくことの重要性とは

クレジットカード現金化の業者サイトでは、いくつかの仕組みを駆使して安全な現金化を達成しています。
クレジットカード現金化を安心して行うためにも、まずはその仕組みについて詳しく勉強しておくといいでしょう。

クレジットカード現金化の基本的な仕組みは転売

クレジットカード現金化を個人で行うことが主流だった時代の仕組みは、クレジットカードで購入した商品や金券を転売して現金にするというシンプルなものでした。
しかし実は専門業者を使って現金化をするようになった現在でも、基本的な仕組み自体はあまり変わっていません。
現金化の専門業者は商品の販売と買取をほぼ同時に行うことで、実質的な転売を成立させる仕組みでクレジットカード現金化を支援しています。
そのため現金化業者は法律上は「中古業者」となっている場合が多く、老舗の中には古物商取引の許可を得て営業しているところもあります。
クレジットカード現金化の仕組みを解説!違法性はあるの!?

クレジットカード現金化で転売商品を省く仕組みとは

クレジットカード現金化業者があくまで商品の転売を仲介しているだけだとすると、その商品はどこに行ってしまうのかと疑問を持つ人もいることでしょう。
こうした商品買取方式の仕組みで現金化を行う場合、対応状況は業者ごとに異なります。
もっとも多いのは転売用の商品を実体のないデジタルデータにしてしまって、売買をネット上だけで完結させてしまうパターンです。
これには在庫が発生しないメリットや手続きが高速化されるメリットなどがあります。
その一方で、あまり大きな金額をデータ上の取引だけで行うとカード会社や銀行から怪しまれてしまうリスクもあります。
そのため、実際にはほとんど価値のない小品を実際に利用者に送って取引の証拠とする対策を取っている業者もあります。

最近増加しているキャッシュバック方式という仕組み

商品買取方式の場合、どうしても商品を買ってから売るいう処理の二度手間が発生します。
こうした転売の記録が残ってしまうこと自体にもリスクはあるため、最近は買取方式を進化させたキャッシュバック方式という仕組みも増えてきています。
キャッシュバック方式ではその名の通り、商品を購入した際のキャッシュバック特典として現金が送られてくることになります。
たとえば換金率90%でのクレジットカード現金化なら、1万円で購入した商品の特典として9千円がキャッシュバックされるという仕組みになっています。
あくまで特典をもらっているだけなので書類上の不都合がなく、クレジットカード現金化を法人で利用する場合などには特に適した仕組みと言えるでしょう。

少し変わったレビュー方式という仕組み

商品買取方式やキャッシュバック方式の他にも、報酬レビュー方式という仕組みがあります。
これは購入した商品の簡単なレビュー記事を投稿することで、その謝礼という形で現金が振り込まれるというものです。
転売での収入やキャッシュバック特典とは異なり、この場合の現金は報酬として処理されるためクレジットカード現金化の仕組みの中でも特に安全性が高いと言われています。
ただしレビューを投稿する手間があることや、レビュー用という名目で実際に商品が送られてくるケースもあることから使い勝手という面では少し問題があります。
安全性が高いとはいえ商品買取方式やキャッシュバック方式でもトラブルが発生した事例はほとんどないため、信頼できる業者を使う限りにおいては仕組みにそこまでこだわる必要はないでしょう。

クレジットカード現金化の仕組みを理解することの意味

クレジットカード現金化の仕組みには商品買取方式による転売の他に、キャッシュバックやレビュー報酬の形で現金を受け取るものがあります。
どの仕組みも安全性に極端な差があるわけではないので、基本的には好みの仕組みを採用している業者を選んでおけば大丈夫です。
現金化の仕組みを理解しておくことには、自分のお金の流れを把握できるという大きな意味があります。
実用面で差がないといっても、自分がどういう仕組みでお金を得ているのかどうかを知っておくことは大切です。