クレジットカード現金化の利率を抑える方法とは

クレジットカード現金化を安全に行うためには決済金額と引き落とし金額の差から生まれる利率について意識しておくことが非常に重要になります。
一般的にクレジットカード現金化では通常の借金と比べても大きな利率で支払いをすることになるため、利率を計算する仕組みと効果的な支払い方法について事前によく調べておくことが大切です。

クレジットカード現金化の利率を計算する方法

クレジットカード現金化には決まった利率が存在していません。
あくまで利用者ごとの決済金額や業者ごとの換金率によって正確な利率が決まってくるため、大まかな計算方法を踏まえた上で最終的には自分の利率を自己計算するようにしましょう。
基本的なクレジットカード現金化の利率計算では、「引き落とし日まで2ヶ月ある状態で換金率90%の現金化を行った場合の年利」を元にしていきます。
たとえば現金化のために10万円を決済して9万円の現金を受け取った場合、その時点での利率は10%です。
しかし引き落とし日までに60日あるとしてその間に1万円の利息がついてくるわけですから、365日で割って細かく計算していくとその年利は約66%にもなります。

クレジットカード現金化の利率は引き落とし日が近いほど上がる

引き落とし日まで丸々2ヶ月ある場合の利率は年利にして66%ですが、当然そこまでタイミングよくクレジットカード現金化を利用している人は少ないはずです。
この引き落とし日までの猶予が1ヶ月になってしまうと、当然利率も年利にして倍の約120%にまで膨れ上がってしまいます。
これは通常のキャッシングの年利が18%と定められていることと比較してしまうと極めて危険な数値と言えます。
クレジットカード現金化を利用する際にはなるべく少額を、引き落とし日までの間に給料日を挟む形で利用することが望ましいとされるのにはこうした利率の事情があります。

換金率が90%になるケースもかなり少ない

そしてさらに重要なのが、クレジットカード現金化の換金率は90%を下回るケースも多いという点です。
90%の換金率でも問題があるのに、さらに下回ってしまうと引き落とし日にお金が足りなくなってしまう事態は容易に想像できます。
たとえば一部のクレジットカード現金化業者では、初回の利用時のみ90%を超える利率を提示して2回目以降のリピート利用時では70~80%に利率が落ちてしまうというパターンが散見されます。
つまり一度利用したことのある業者だからと惰性で申し込みをしてしまうと、相当な損をしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

少しでもクレジットカード現金化の利率を改善する方法

クレジットカード現金化の利率を改善するためには、まず引き落とし日までなるべく猶予のあるタイミングで申し込みをすることが重要になります。
給料日など収入のある日がわかっているのであれば、必ずそこを挟んで引き落とし日を迎えるように調整しましょう。
また業者を選ぶ際は毎回必ず換金率をチェックし、可能な限り90%以上の利率になる業者に申し込みをすることも大切です。
そしてクレジットカード決済の方法には一括払いを選択し、あとから分割払いやリボ払いに変更することは絶対にやめましょう。
分割払いやリボ払いにしてしまうと、そちらの手数料まで利率まで加算されてしまいます。

まとめ

クレジットカード現金化は借金とは違った形で現金を手に入れられる方法として、いくつものメリットを持っています。
しかしその一方で純粋に利率を比較した場合には、借金以上にリスクの高い方法であることも確かです。
クレジットカード現金化を使う前には必ずこうした特性を知っておき、十分な対策を取っておくようにしましょう。