クレジットカード現金化の口コミは信用できる?

現金が必要になったとき、クレジットカード現金化を利用すると助かることを知っていても、「怪しい」「危ない」「騙されそう」などの不安も残るでしょう。
口コミ情報を集めるにしても、本当か嘘かが分かりません。
そこで今回はクレジットカード現金化の口コミについて調査していきます。
クレジットカード現金化サイト利用者の口コミを項目ごと厳選調査

信用に足りるのか

クレジットカード現金化に関する口コミは、SNS(Twitter)などで検索すると色々と見つかります。
しかし、ネット上の口コミは信用できる情報なのでしょうか。
実際、クレジットカード現金化に関する口コミについて現金化業者の公式サイトにも掲載されています。
公式サイトの口コミには、「入金も早いし換金率も安定して現金化ができるから便利に利用しています」という口コミや、「初めてでしたが、担当の方が親切にサポートしてくれてそのまま取引をすることができました。
契約条件も教えてもらえたので安心できました」という評判の良い口コミが目立ちます。

SNSにはネガティブな口コミが多い

クレジットカード現金化業者の公式サイトと異なり、様々な人が利用しているSNS(Twitter)をチェックしてみると現金化に対するネガティブな口コミが多数見られます。
もちろん、多種多様な人が利用しているので、ネット上の口コミをどれぐらい信用すればいいのか、判断する必要もあるでしょう。
しかし、多種多様な人が利用するだけに損益問わない声を投稿するのですから、公式サイトよりも信用性は高いといえます。

クレジットカード現金化の口コミは信用できない

それでも、ネット上の口コミは信用しないというのはいえます。
これはクレジットカード現金化に限らず、どんなサービスでもです。
例えば、公式サイトに記載されている口コミだと、業者にとって都合の良い内容しか掲載していない可能性もあります。
都合の悪い情報を削除しているとも考えられます。
また極端な話し、口コミ自体が自作自演の可能性もゼロではありません。
それよりも、個人による発信となるSNS(Twitter)なら公式サイトより参考になります。

情報源を増やして見極める

ネット上の口コミは信用しないということを伝えましたが、すべて嘘や偽りとは言えません。
ですから、参考にするなら情報源を増やしましょう。
様々な角度から口コミをチェックするというのが大切です。
例えば、公式サイト、SNS(Twitter)、口コミサイト、Yahoo知恵袋などからも情報を集めると良いでしょう。
さらに集めた情報も精査して見極めましょう。

情報を見極める

クレジットカード現金化をするとカードを悪用されたりするのか、という質問内容に対して、経験された方からの回答を求める内容も投稿されています。
投稿内容としては、クレジットカード現金化に対してネガティブな声が寄せられています。
ただし、ほとんどの場合、一般的な仕組みやリスクを基に回答をしているだけ、といった内容です。
実際に利用して被害を受けたといった類のコメントなのかどうかをしっかり精査しましょう。

まとめ

口コミとして信用できるか否か、それらを判断するのは非常に難しいでしょう。
だからこそ、実際に利用した方の体験談を収集したり、口コミではなく、自分で現金化業者に問い合わせることが大事になります。