クレジットカード現金化は家族名義のカードでもできる?あるいは家族カードでは?

クレジットカード現金化には当然ながらクレジットカードが必要です。
しかし、それがどんなクレジットカードでもよいのでしょうか。
クレジットカードには発行した本人である「名義人」がいて、それによって「自分名義のカード」「家族名義のカード」という概念があります。
ここでは、クレジットカード現金化と「家族名義のカード」との関係について解説します。

クレジットカード現金化は家族名義のカードでもできる?

結論からいうと、クレジットカード現金化には「自分名義のカード」が必要です。
しかしそもそもこれは現金化に限ったことではありません。
クレジットカードじたいが、名義人本人でなければ使用できないのです。
これは家族であっても例外ではありません。
現金化業者は基本的に本人名義のクレジットカードでないと受け付けてくれません。
また、申込み手続きには個人情報を提供しますので、本人以外が誤魔化して使うことも難しいでしょう。
ごく稀に、家族名義のクレジットカードで応じてくれる現金化業者もありますが、例外中の例外です。
しかもそれをしようと思うと、名義人の承諾を現金化業者に証明しなければなりません。
それは非常に手間な作業な上に、それができるなら現金化という方法は選んでいないでしょう。
これらのことを考えると、クレジットカード現金化に家族名義のカードを使用することは現実的ではありません。

家族カードでは?

混同しがちですが、家族名義のクレジットカードと「家族カード」全くの別物です。
家族カードは本カードから派生したクレジットカードであり、名義人はその本人です。
そのため、家族カードの名義人である本人はそのカードを使って現金化することに問題はありません。
しかしここで注意が必要なのが、履歴の確認です。
カード会社にもよりますが、基本的に親カードの名義人は、家族カードの利用履歴を確認することができます。
そのため現金化のために換金性の高い商品をカード決済で購入していたり、普段は購入しないような買い物の仕方をしていると怪しまれてしまう可能性があります。

クレジットカード現金化は自分の本カードを使用すべき

クレジットカード現金化は家族カードでもおこなえますが、家族にバレるリスク以外にもおすすめできない理由があります。
それは、カード会社が現金化という行為を禁止しているため、万が一カード会社に疑われた場合には、カードが利用停止になる可能性があるからです。
その際に、本カードを使用した現金化であれば本人だけが処分を受けますが、家族カードを使っていた場合には家族のカードも利用停止になってしまう可能性があります。
そしてこのことが発端となり、家族に現金化行為がバレてしまうということになりかねません。
家族カードを使って現金化をおこなうことは、それなりのリスクが伴う行為なのです。

クレジットカード現金化と家族名義のカード

クレジットカード現金化に本人名義以外のカードは使えません。
ごく一部に家族の了承のもと、現金化をおこなえる業者もありますが、そういった業者を探し出すことは容易ではありません。
また、家族の了承を得ることじたいも難しいでしょう。
一方で家族カードであれば、名義人は家族カードを保有している本人なので「自分名義のクレジットカード」ということになります。
しかし、家族に現金化がバレる可能性が高まったり、カード会社に疑われた場合に家族にまで被害が及ぶかもしれません。
これらのことを考えると、クレジットカード現金化に使用するカードは、自分名義の本カードであることが必要だといえます。